多治見・土岐・瑞浪・可児・美濃加茂の土地・不動産情報なら

ご紹介可能物件

現在548件公開中です!

BLOG

みなさん、こんにちは!
多治見市・可児市で注文住宅を施工しております『ひかりハウジング』の伊藤です。
お元気でお過ごしでしょうか?

前回までに、木造や鉄骨造の簡単な部分を中心にしてきました。
そこで、今回からは項目別で、例えば「耐震面はどうなのか?」
そのような形で比較していきますね!

最初は、皆さんの関心の高い「耐震性」についてみていきますね!

それでは、なぜそのようなことが言えるのかをみていきましょう。

まず、揺れの大きさについて。
木造(軸組)がなぜ揺れやすいのか?

例えば、サイコロを作るときのように展開図から家の模型を作った場合と、マッチ棒を用いて家の模型を作った場合を想像してみてください。
マッチ棒のほうが、グラグラするイメージがあるのではないでしょうか?

一概にはいえませんが、軸組はマッチ棒の部分の線と、線と線をくっつけてその部分が点となります。
線と点で支えるイメージですね。

それに対して、木造(2×4)は面で支えます
サイコロに力を加えても、ひづむイメージがないですよね?

また、鉄骨造についてですが、車に例えると…。

大型トラックと軽自動車が同時に、急ブレーキをかけた場合はどうでしょうか?
停車までの時間が長いのは、大型トラックですよね。

それはなぜか?
車の重量が重いからですよね。

重さが大きいほど揺れも大きく、揺れがおさまるまでの時間も長くなります。

今お話ししたのは、構造上の特徴であり、その対策をとることで補うことも可能です。
どの建築業者も対策をとっておりますので、その対策について聞いてみるのもいいですね。

【まとめ】

建物の揺れが少ないことや、揺れる時間が少ないことは、万が一の時に冷静な判断がしやすく、つまり人命の優先度が図れるということに繋がりますよね。
最近の住宅は、どの家も耐震には気を付けて建てられていますが、建築資材の特徴から耐震性を見ていくことも重要だと思います。

次回は、材料の強度と修復についてお話したいと思います。

イベント・見学会のお申し込み

多治見不動産情報館のイベント・見学会では、家づくりの参考になる「リアルな情報」が満載です!
イベントは予約制となっておりますので、下記のお電話か来場予約フォームより、お気軽にお申し込みください。